剪除法の費用と保険適用について

わきが手術の1つである剪除法の費用と保険適用についてです。

わきが手術は高額というイメージが強いですが、

剪除法もイメージ通りの高額なのかご紹介します。

剪除法の費用と保険適用について

money

剪除法はわきが手術のイメージ通りの手術法で

わきの下4~5cmを切開して皮下を剥離します。

医師が1つずつアポクリン汗腺を目視しながら

丁寧に取り除いていくので、再発リスクが少ないメリットがあります。

 

 

ただ、2週間程度は患部が腫れることは避けられず、

1週間くらいは痛みが残ります。

 

 

他の手術法と違うところは健康保険が適用できる点です。

剪除法は健康保険が適用されますので、費用負担が少ないです。

病院によって差がありますが、大体4万円程度の個人負担で済みます。

 

 

他の手術法は30万円程度の費用がかかることを考えると

とても経済的でコストパフォーマンスに優れていますが、

デメリットも大きいので、慎重に選択しなければなりません。

 

 

剪除法のメリットとデメリットについてはこちら

 

 

 

一度わきが手術を受けると別のわきが手術や治療も

なかなか受けれないことがありますので、

色々な手術方法や治療方法を確認した上で

選択するようにしましょう。

 

 

特に剪除法はわきの下を切開するため、

傷跡が残りますので、コストが低い理由だけで

選択すると後悔することが予想されます。

コメントは受け付けていません。